目指せシンプルライフ

【自転車保険の義務化】自転車保険は本当に必要?あなたはもう入っているかもしれません

全国各地で自転車保険の義務化が進んでいます。

私の住む埼玉県でも先日自転車保険が義務化され皆大騒ぎでした。

しかし自転車保険っていったいどのくらいの保証が必要なの?

どこで入ればいいの?

わからないことだらけなので早速調べてみました!

すると驚くべきことが!我が家、まさかの入る必要ない事がわかったのです!

あなたもかなりの確率で必要ないかもしれません。

是非確認してください!

自転車保険はもう入っているかも!?

スポンサーリンク

自転車保険の必要な保証は?

まずわたしが一番最初に疑問に思ったことはここです。

自転車保険ってどんな保証の保険が必要なの?

実は調べてみても保証に対する決まりなどは特にないようなのです。

過去の事例で9000万円ほど保証にかかったなんて言葉が添えられていることから見ても約1億円の保証は必要だと思われます。

良く見る自転車保険は

  • 相手への保証が最高1億円
  • 交通事故の死亡・障害が100万円

などという保証が良く見られますが、

あくまで必要なのは相手方への保証です。

それ以外の内容は人によっては必要ない保証です!

ご自身の保険を確認されて検討してくださいね。


自転車保険の義務化と気になる罰則は?

埼玉県は2018年4月1日から施行されました。

全国自治体でも義務化もしくは努力義務を訴えている所はあります。

気になる罰則ですが、罰則は現在どこも設けていないようです(埼玉県のHPより)。

現在義務化されている県は

  • 埼玉県
  • 兵庫県
  • 大阪府
  • 滋賀県
  • 鹿児島県
  • 京都府

(平成30年4月現在)

スポンサーリンク

 自転車保険の代わりになるものは?

今年埼玉県で自転車保険が義務化され、どうしようか迷っていた我が家ですが、実はよく調べると改めて入る必要がありませんでした。

その理由は「クレジットカードの個人賠償責任保険」が無料付帯していたのです。

そうです、自転車保険として必要とされているのは相手方への保証です。

過去の事例を見てみると1億円ほどは最低でも用意できるように加入しておきましょう。

では実際にその『個人賠償責任保険が付帯している可能性のある物を紹介したいと思います。

  • クレジットカードの個人賠償保険
  • 火災保険
  • 自動車保険
  • 共済など各社保険

そこで、一つずつ説明したいと思います。

クレジットカードの個人賠償保険

我が家はこれがあった!と思いだしまた。

ただ、よくよく調べると、無料で1億円保証があるクレジットカードは少ないんです。

無料で付帯するカードはこちら

  • ダイナースカード プレミアム
  • アメックスカード プラチナ

正直どちらもバカ高い年会費(数万円~10数万円)が必要なクレジットカードになります。

(我が家はたまたま主人が仕事で使用していた為付帯されていました)

その為無料で付帯するクレジットカードは、年会費を考えるとたまたま持っていた以外にはお勧めできません。

なので、無料のクレジットカードに付帯することをお勧めします。

どこも月々100円代から付帯出来る為とてもお得ですよね!

是非お持ちのクレジットカードを確認してみてください。

今回は無料カードの中でも皆さん持ってる可能性の高い「楽天カード」について調べてみました。


年会費無料で入会時に大量ポイントがもらえると言うことで大人気の楽天カード。

この楽天カードには個人賠償責任保険は無料付帯していません

そして有料で付帯出来るのはなんと「pinkカード」のみだというのにびっくりしてしまいました。

(全部じゃないのはなぜ?我が家は楽天ANAカードを保持していますので対象外ですね)

今後楽天カードを申し込も無場合は是非「PINKカード」を選んでくださいね。

  • 楽天PINKカードのみ加入可能
  • 月額220円
  • 一人の加入で家族全員保証
  • 最高1億円まで保証
  • 示談交渉サービス付き

しかし実は楽天では楽天カードよりお得な金額で個人賠償責任保険に入れるのです。

それは、「楽天銀行」から加入することです。

  • 月々140円から
  • 支払は楽天銀行引き落としで簡単
  • 楽天ポイントがたまります
  • ご契約完了の翌日から保証開始
  • 家族全員保証(一部のみ)
  • 相手方への保証は最大1億円まで(家族全員対象)
  • ご自身の保証(交通事故での障害死亡・後遺障害)100万円保証(加入者のみ)

火災保険

賃貸でも持ち家でもほとんどのご家庭で加入しているはずの保険!

それが「火災保険」ですよね。

賃貸住宅時代これはいったい何?といつも思っていたのを思い出します(若かったw)

そうです、毎年もしくは2年に一度など契約させられるあの「火災保険」、きちんと保証内容見たことありますか?

かなりの確率で個人賠償責任保険が付帯されていることがあります。

もちろん保証金額や保証内容は保険によって違いますので確認が必要です。

自転車保険に加入する前に是非ご自宅の「火災保険」の保証を確認してくださいね。

自動車保険

毎年毎年この季節がくるとおっくうになる私です。

自動車保険も最近では自分で選ぶことが出来るためかなり節約できるようになってきましたよね!

私もいつも比較し一番自由度が高くお得な保険を選ぶようにしています。

だからでしょうか・・・我が家の自動車保険には個人賠償責任保険を付帯しておりませんでした。

(クレジットカードがあることをその時は覚えていましたw)

あなたの車の保険はどうですか?

もしなんとなく加入している場合、結構な確率で加入している可能性があります!

自転車保険に加入する前に是非一度保証内容をご確認くださいね!

共済などの各社保険

県民共済やコープなど何気なく入っている共済保険にも個人賠償保険が付帯していることがよくあります。

特にこども保険など。

しかし最高額が100万円など低く設定されている可能性も多い為確認は必須です。

ご自身の保険を一度見直されることもお勧めいたします!

ちなみに我が家は県民共済(こども)で100万円は付いていました。

安さでお勧め(月々100円代)個人賠償保険を紹介します

色々お話しましたが、結局我が家はどれもあてはまらなかったわ。

そんなあなたにお勧めの個人賠償責任保険を安さ勝負で紹介したいと思います。

最低条件:相手への保証1億円以上付いていること

  1. 楽天銀行 140円
  2. JCBカード 150円
  3. コープ共済「たすけあい」 140円

ただしこの3点は個人賠償保険のみで加入は不可です。

必ず付帯する形での加入となります。

そうすると3のコープ共済は元々他の保険に加入しているかこれから加入しないといけないのでちょっと敷居が高いですよね。

なのでお勧めは1か2でしょうか。

楽天銀行は銀行を開設するだけなので無料で可能です。

JCBカードも無料カードを選べば大丈夫!

またお得な保証を見つけ次第追記したいと思います!

最後に

どうですか?

あなたはもう自転車保険に入っていましたか?

それに付随する自賠責保険入っていませんでしたか?

今回自転車保険が義務化されたことで

自転車保険に早く入らないと!!とあわてて加入した方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし自転車保険と名のつくものは、実は無駄な保証もついていて割高なことが多いことに気づきました。

ご自身に対する保証なんて元々保険に入っている方なら必要ないですしね。

何でも新しい事が始まると焦ってしまいがちですが、まずは今本当に必要なのか確認するとが大事です。

わたしもこうして確認する前に危うく入りようになりましたが。

自転車保険と言われると自転車保険に加入しないといけないと思いがちですが、

それに対応できる保険にさえ入っていれば大丈夫なのです。

保険は本当に難しいので自転車保険に限らず無駄な保険に加入している可能性も高いです。

そんな時は是非保険の無料相談などを使って上手に節約できるといですね!


無料相談をしてギフト券までゲットできますよ!

ABOUT ME
ちぃ
ちぃ
ハワイ大好き!福岡大好きなアラフォーママです。 旅情報からファッションまでお得な情報を楽しく更新してます!